現在、WMSの多くはEC、物流センターなどの流通型企業(特に国内)のために開発しています。

生産製造企業の業務はより複雑で、業種ごと、会社ごとに大きな差があります。

ECは商品しか管理しません。一方、原料、半製品、外注品、製品、工具・器具など、生産製造企業の品目の種類はもっと多いです。

型番、仕様、ロット、品番、関連工程表、工程番号など、生産製造企業の資材と在庫、管理の次元はもっと複雑です。

中央倉庫、工場区倉庫、サプライヤー倉庫、ラインサイド倉庫、一時保管庫、生産ライン、ステーションなど、生産製造企業が関わる地域部分がもっと多いです。

原料調達、原料の品質検査、原料の集荷、原料開梱・箱詰め、原料セット、原料の出庫、原料の仕分け、外注出入庫、仕掛品の出入庫、仕掛品の品質検査、仕掛品のキャッシュ、完成品入庫品質検査、完成品包装、完成品販売出庫、完成品返品、生産ラインの材料受領、材料呼び出し、材料補給、材料返品、CNCの材料投入・排出、ライン間物流、ライン内物流、フレキシブル生産ライン、加工ユニット物流、倉庫の移動、振り替え、保管の最適化など、生産製造企業が関わる業務がもっと多いです。

安全在庫、在庫期間、在庫警告、セット分析、部品通用率、BOM、資材需要計画、ストック、ロス分析、コスト計算など、生産製造企業が関わる経営分析はもっと多いです。

ERP、MES、QMSなど、生産製造企業が関わる上位・下位システムはもっと多いです。

MWMSは誕生当初から、製品設計やコアアーキテクチャに産業シーンの複雑なニーズを十分に配慮して、MWMSは複雑さに生まれたものです。