低コードシステムをコアとするMWMS

高度に差別化され複雑なニーズに直面した企業は、かつては2つの選択肢しかなかった

·高価な国内外の一流製品を買い、それらの極めて複雑な構成で差別化します。仕様が実現できない場合は、(レベルが大きくばらつく)エージェンシーが(やはり高価な)二次開発で実現するしかありません。
·アウトソーシング会社に完全にカスタム開発を依頼する場合、コストが高い、期間が長い、試行錯誤のコスト期間が高い、繰り返し難しいです。このようなアウトソーシング企業の寿命は平均3年以下で、数年後にはシステムをアップグレードしようにも対応者がいません。
card_bg

MWMSは多数の構成オプションだけでなく、低コード開発+スクリプト開発にも対応

·最も差別化されたビジネスプロセス部分は、可視化された工業プロセスエンジンで構築可能です。
·画面、データのカスタマイズは、可視化されたデータエンジンで実現できます。
·高度なカスタマイズや、より適切なコードの書き込み(システムドッキングなど)には、Pythonなどのスクリプト言語を使用して実装できます。
·MWMSは、スクリプトによって高度にカスタマイズ可能なシステムです。
card_bg

企業システムは一発勝負ではなく、ビジネスが進化・革新しつつあり、システムはビジネスの進化に合わせて最適化する能力を持たなければならないです。最初のコストだけを重視するより、後のコストが大きくなることにもっと注意してください。アップグレードの最適化が容易な一連のシステムを使用することで、長期的な総コストを削減できます。

card_bg