落とし穴!

倉庫物流の全面的なスマート化の達成

·

まず自動化と情報化を実現しましょう。人工知能といっても、実は人工知的障害です。

高度なデバイスを十分に購入すれば、デジタル・トランスフォーメーションが可能になります

·

制度、プロセス、システム、設備のどれも欠けてはいけません。

デジタル化すれば人は全く不要になる

·

確かに従業員数を大幅に減らすことはできますが、単純で高頻度で複雑な作業を代替しているだけで、実際にはまだ人手に対する需要があります。

デジタル化の後、ボタン一つを押すだけで工場全体が完全に自動化運転可能です

·

第一に、全く不可能ではありません。しかし、何事にもコストと代償があり、企業が求めているのは絶対的な自動ではなく、利益、コストパフォーマンスです。

·

第二に、国内外の主流技術がデジタル化レベルに達していません。

友商によると、3日でオンラインになる

·

プロジェクト前期の実施期間は、プロジェクトの規模、複雑度、企業全体の連携度合いに依存します。

·

例:万種類の材料の整理、コーディングは決して急いで完成することができなくて、そうでなければ後々の心配が絶えません。

·

デジタル化への移行の成否は、設備やシステムだけでなく、企業のプロセス変更能力や管理レベルにも依存します。(少なくとも、従業員は手順に従って作業します)