従来のWMS、物流の管理と協力の方法:手作業、非自動化。

しかし、今後のトレンドは自動化とスマート化倉庫物流で、現代のWMSはコアアーキテクチャから自動化機器、特にロボットをサポートしなければなりません。

つまり、現代のWMSは倉庫システムと物流システムの両方を管理できなければなりません。

物流には、構内物流と構外物流があります。

構内物流は移動ロボット、スマート無人フォークリフト、スタッカークレーン、スマート仕分け設備などが行います。

無人トラックのように、現在も自動化、スマート化された構外物流(自動運転)は実用化されていません。

人<帳票、ロボット<指令で、人とロボットの管理に非常に大きな差があります。ロボットはグローバルに最適化でき、設備の故障を迅速に復旧する能力があります。

コア構造から構内物流の管理をサポートして初めて、自動化とスマート化設備を十分に活用することができます。

システム設計では、今後10年で真の全プロセス無人作業、電気を消す工場を実現することを考えています。