潜伏ジャッキアップ型無人搬送シャーシ
AMB-Jシリーズ
AMB-J(Auto Mobile Base-Jack)は、レーザSLAMを採用した潜伏ジャッキアップ型運搬ロボットシリーズで、負荷は150kg、300kg、600kgをカバーしています。製品は様々な棚を認識し、ジャッキアップ棚に潜り込むことができます。AMB-Jシリーズは、AMBシリーズに比べて小型で、ジャッキアップ機構を組み込んだシャーシの高さを低くし、SEERの新しい工業設計を実現しています。
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
  • icon
    新しい工業設計
    AMBシリーズのシンプルなスタイルはそのままで、モジュール式設計を採用し、簡単に解体でき、メンテナンスも簡単で、1人でも組み立てられるようになっています
  • icon
    小型化、柔軟化
    ジャッキアップモジュールを内蔵することで、AMBシリーズよりも縦横が小さく、狭い通路でも自由に行き来できると同時に、全体の高さはわずか260mmで、より多くの低背棚に対応しています
  • icon
    多重防護、より安全
    前後ダブルレーザ、双方向ドリル棚より余裕があり、前後に近接センサーを搭載し、死角が少なく、安全なエッジでより良い保護を図ります
  • icon
    より速く、より効率的
    バッテリーは急速充電、急速交換が可能で、24時間の連続作業に対応しています
  • icon
    スマートなアルゴリズムで、シーンをより理解
    棚認識偏移補正、高動的環境測位ナビゲーション、スリップ検出偏移補正、二次高精度測位、混合ナビゲーション、自動追従、五次ベッセル経路
ソリューション
製品別ソリューション | シナリオソリューション | 産業ソリューション | ……
詳細はこちら
SOLUTIONS